January 31, 2006

学生のころ2

学生のころ卒業制作の前で

森正洋の作品や画像などの記録で、唯一保存できていないものがこの「卒業制作」です。
この写真と制作物を撮った写真は存在しますが、モノは存在しません。本人の記憶もはっきりしていなくて、誰かにあげたかどこかに預けたままだとか。
もし、この卒業制作をご覧になったことがある方には情報をお知らせいただければ助かります。
以下へお知らせください。
oda@design-mori.co.jp


19:53:25 | design-mori | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 30, 2006

学生のころ1

森正洋、多摩美術学校学生のころ。

いろんな意味で、森正洋は早くから自分の社会での位置とか、やるべきこととか将来がはっきり見えていたかもしれないと思います。それはこの写真のように後世に伝えるものがいっぱいあると言うことです。
学生時代制作したものなどもきちんと保存してあるのです。波佐見の試験場(現:長崎県窯業技術センター)時代の作品から白山陶器で制作した重要なもののほとんどがきちんと保管されているのです。
だから今、私たちはその全貌を実際のもので見ることができます。すばらしいこだと思います。古くからの友人・井手誠二郎さんは「本人の意思でなるべき様になるべき姿になったのだ、だからきちんと後世に残す資料も自分で作られたのだ。」(2001年佐賀市図書館での展示の準備の資料を見ながら)と。
※この写真は学生時代の下宿で自画像の前で取った写真。

19:55:08 | design-mori | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 29, 2006

もりせいようと呼ぶ?最終回。

最終回です(おもしろいこと思い出したら復活します)。
●森正洋の戒名は「釈正容」(しゃくせいよう)!
お友達の和尚といっしょに生前考えていた戒名です。森正洋のお兄さんが、「食器を作って、器ひとすじの弟にふさわしい戒名を生前から考えていたようです。正容の容は容器の容。食器に通じると解釈します。」と言われるように、死んでからも食器を作りたかったのでしょう。「正洋と正容」どちらもせいようと読めます。
と長崎県美術館にnfさんといっしょに行ったとき、運河の上の渡り廊下のカフェでアベックの席に並んで座って、そんなはなしをしました。
「やっぱり、せいようのひびきはすきだったのだ。生前はかえることができなかったけど・・・」




06:04:51 | design-mori | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 28, 2006

やきもの公園1

■やきもの公園1(長崎県波佐見町)
・森正洋は1993年の発病以来、年に数回ずつ入退院を繰り返しました。その13年の間に多くの仕事もできました。
・1996年佐賀・長崎両県で開催された「炎の博覧会」の長崎県側のメイン会場となったこの「やきもの公園・世界の窯野外博物館」の紹介と制作現場・進行のエピソードなど紹介します。
・12基の窯(断面を展示している穴窯以外はすべて焼成可能)
 12基の窯はヨーロッパやアジアに過去に存在したり、また現存するものです。それらをすべての窯を自分の目で確かめ構造も確認して図面を作成し、実物を制作しています。
・実際に森正洋が見た窯で制作しようとして、資料不足のため再調査し仕様を変更したものもあります。中国の「磚(せん)の窯」がそうです。「磚」とは万里の長城や故宮の床に敷かれている日本のいぶしがわらのような色合いの黒いレンガです。しかしそれはいぶしがわらとは全く異なるものです。

などなど時間を作って解説します。パンフレットは以下へ請求してください。
http://www.hasami-kankou.jp/cgi-bin/spot/search.cgi?KEY=1&CAT=1

14:18:00 | design-mori | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 27, 2006

最近の仕事:mujiのための

森正洋の晩年の大仕事が、mujiの食器です。2005年の死までの2年近く、その仕事に圧倒的な時間を割きました。
最後の仕事となったボーンチャイナの食器群が無印良品の店舗で販売が開始されました。有楽町店では、無印良品「森正洋展」が開催されています。白磁の器とそのボーンチャイナが展示してあります。もちろん購入できます。わたしもボーンチャイナをさっそく購入しましたので、今夜から使います。
null

14:22:51 | design-mori | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks