February 05, 2006

旅行の話3(トルコ旅行3)

トルコ旅行3-1089.7



同じく「デザインの現場」で掲載された写真です。イズニックでタイルの復活をさせた人の工房でいつものスタイル、ビデオカメラを肩に担いで質問をしているところです。その日はイズニックの湖岸のホテルに宿泊しました。日本からよく予約が取れたものだという安宿(バスはなくシャワーだけのツインの部屋)でしたがそれがまた大変よく、西日の差す部屋では洗濯物がなんと1時間で乾いてしまうほどなのです。
そんな宿に二泊し、イズニックの町を楽しみました。もともとはイスタンブールのモスクのタイルをすべて供給していた町なのですが、いまではその面影もなく、タイルを作る人もいなかったのです。この写真は数年前に復活させたその人の窯を訪ねたときのものです。
この町ではいろんな思いもかけない体験をしました。トルコはイスラム教を政治とは分離させた国で、飲酒を禁止していません。しかし田舎町ではおじいさんやおばあさんたちの目は厳しく、昼飯のない安宿を出て町中で食事をするときはビールを出す店がないのです。ビールを飲みたい森正洋とiさんは町中のレストランを探しましたがなく、アルコールなしのメンバーがそれぞれ食事を済ませ、集まった町の中心部に店にビールを見つけ購入しおばあさんたちの後ろ指を指されながら飲める場所を探しました。
この後の話しはは長くなってしまうので、また後で紹介することにしましょう。

Posted by design-mori at 19:06:50 | from category: 旅行の話し | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)