March 15, 2006

イサム・ノグチと森正洋2

イサム・ノグチのパリ留学は森正洋の生まれた年

1927年、イサム・ノグチはパリに留学します。森正洋が生まれた年です。それから34年後偶然にもこの二人が出会うことになります。
しかしその後はなにも直接の接触はありません。
「イサム・ノグチ―宿命の越境者」ドウス昌代さん著2000年講談社発行の本に寄れば、その少し前1959年ころはニューヨークは空前の日本ブームだったそうです。そのころ猪熊弦一郎のアパートはイサムノグチのニューヨークでの定宿だったとありますが、その2年後はニューヨークにもアトリエをもっていたかもしれません。丹下健三さんも交流があったと書いてあります。
そのとき、当時のイサムノグチといっしょに仕事をしていた庭師は、佐野藤右衛門さんのようです。若い庭師とは言っていなかったので年配の人かと勝手に考えていましたが、森正洋より二つ三つ若いことになります。

Posted by design-mori at 22:29:38 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)